各国・地域情報

ベトナム

2017年8月7日

海外情報プラス

 

2017年7月度、AABCベトナム経済情報

株式会社会川アジアビジネス研究所

輸出加工企業(EPE)との工場建設契約に対してVAT税率0%を適用
(2017年7月2日、KMCニュースより)

2017年4月28日付けで輸出加工企業(EPE)との工場建設契約に対しVAT税率0%を適用することに関し、税務総局は下記の通り通達・第1714/TCT-CS号を公布した:  

通達・第219/2013/TT-BTC号の9条の規定に基づいて、EPEとの建設・工事契約はVAT税率0%が適用される。

同時に、建設・工事契約に必要な商品・サービスの仕入れVATも通達・第219/2013/TT-BTC号に定めてある条件を十分に満たせば、控除・還付がされる。

 

企業登録機関への銀行口座開設に関する通告
(2017年7月2日、KMCニュースより)

2017年6月6日付けでハノイ市税務局は税対策に関する公文書・第37611/CT-TTHT号を公布し、以下の通り銀行口座に関する通知を案内した:

企業が取引用の銀行口座(長期借入金の振り込み用に銀行によって発行された口座ではない)を開設する場合、企業は以前に通達・第156/2013/TT-BTC号の9条の規定により取引銀行経由企業登録如何に開設通知を提出していたが、2016年6月28日付け財務省の通達・第95/2016/TT-BTC号の12条1項により企業登録機関に直接税登録情報変更の書類を提出することに変更された。

 

2017年7月1日より基礎賃金増額
(2017年7月5日、Vietnam.netニュースより)

2017年4月24日付けで、政府は2017年7月1日より軍隊・公務員に対する基礎賃金を規定する政令・第47/2017/ND-CP号を以下の通り公布した:

それによると、基礎賃金は1,210,000ドンから1,300,000ドンに増額する。この賃金は次のような項目を計算根拠としている。

 

・賃金明細・手当・給与計算及びその他の制度の実施

・法律の規定に従う活動費・生活費の計算

・基礎賃金に基づく強制保険制度による納付額(社会保険・健康保険)の計算

 

また、2017年7月1日より社会・健康保険算出用の上限給与は24,200,000ドンから26,000,000ドンに増額される。(社会保険料・健康保険料は加入時点で地域の最低賃金を下回ってはいけない、また社会保険料、健康保険料の上限は基礎賃金の20倍を超えてはいけない。)

本政令は2017年7月1日より効力を発する。

 

日本料理店数がベトナムで急増
(2017年7月17日、TUOI TREニュースより)

在ホーチミン日本国総領事館の情報によると、ホーチミン市では現在日本料理店が659店舗(全国1,000店舗・南部地域770店舗)あり、3年前より倍増しているという。

ホーチミン市の近隣省でも東南部のバリア・ブンタウ省で24店舗、ドンナイ省で19店舗、ビンズオン省で11店舗、中南部のカインホア省で11店舗、中部高原のラムドン省で14店舗など多数の日本料理店が林立する。

ベトナムにおける日本料理店の半数が日本人オーナーで、残りはベトナム人がフランチャイズ経営(FC)或いは自営する。  

在ホーチミン日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、日本料理店の数が急増するが、閉店する店舗数も悪い立地条件や高い賃貸料金などの理由で増加している。

ベトナムでの日本料理店の増加に伴い、ベトナム向け日本製食品や水産物の輸出も急増しており、2016年にはベトナムは日本の農産品や食品を輸入する第5位の輸入国となった。  

日本からのベトナム向け水産物の年間輸出額は推定で200億円に達し、ベトナム向け農林水産物の輸出額全体の60%を占める。サケ・タラ・サンマなどの日本から輸出された水産物はベトナム国内で消費されるほか、加工後の製品は日本へ再輸出されている。

 

IT人材求人が急増
(2017年7月19日、The Saigon times新聞より)

IT人材求人サイト(Top Dev)の調査報告によると、ベトナムにおけるIT人材の求人数が最近の4年間に急増している。2016年のIT人材の求人数は2012年同期比の45%増、2018年の求人需要は3,500人との見通しである。

Top Devのグエン・フービン社長は現在、ベトナムのIT分野は先端産業だと見做されており、世界でインテリジェント・テクノロジー大手企業への投資を誘致している。それはIT分野の人材ニーズが急増している理由の一つだと述べている。

同調査報告によると、Java・SQL・CSS・Java scriptなどの特殊スキルを持つ人材に対して、各企業が確保するため高い給与を支払う。特にJava scriptの経験を持つエンジニアが増加する傾向にある。

また、クラウ ドコンピューティングやビッグデータ、人工知能(AI)などの事業分野における経験を有する人材の場合、月給は1,000〜1,500 USDが目安となっている。

Navigos Search 人材求人会社によると、IT分野の専門家はデータ・テクノロジー分野が今後3年間で飛躍的な成長を遂げるとの予想から、データ・プロセッシングや機械学習などに関する経験を持つエンジニアに対する求人需要は更に増加するものと見込でいる。但し、ベトナムにこの分野を教育する学校が少ないので、現在労働力市場を満たせていないという。

 

注)機械学習:英: machine learning、人工知能における研究課題の一つで、人間が自然に行っている学習能力と同様の機能をコンピュータで実現しようとする技術・手法のこと

 

以 上

▲ ページトップへ