退職代行を使う奴はクズだ!と思いますか?【価値観の相違】

退職代行を使う奴はクズだ!と思いますか?【価値観の相違】

近年、流行になってきている退職代行サービス

こむぎ

退職代行を使うなんておかしい!
辞めたいなら直接言えばいいのに!

と思っている人はいるでしょうか?

確かに退職代行サービスは「賛否両論」ありますが

【サービスがある=需要がある】と考える事が可能です。

そして個人的には「退職代行サービス」は賛成です。

退職先生

価値観の押し付けはよろしくない

いきなり否定に入るのはよろしくありません。

まずは、退職代行サービスを利用する人の考えをきっちり把握してからにしましょう。

退職代行を利用する人

退職代行を利用する人

そもそも退職代行を利用する人はどの過程で利用しようと思うのでしょうか?

確認していきましょう。

  • 空気を読む事に長けており、退職を言う事ができない
  • 自己主張が控えめで退職の相談ができない
  • 考えがネガティブになっており、自分で行動が起こせない人

主にこの内容に近しいものでしょう。

空気を読む事に長けており、退職を言う事ができない

空気を読む事に長けている人は、退職を言いづらいです。

自分が退職を切り出したら、会社内で問題が発生したりうまく仕事の循環ができないと考えている為です。

気を使いすぎてる事が要因で起こる現象です。

POINT
社内環境を把握してる人が多い為、社内での雰囲気などを敏感に感じとります。
社内の環境が悪い事が原因です。

自己主張が控えめで退職の相談ができない

自己主張が控えめな人も利用する事が多いです。

各々、性格は異なります。

主張できる人もできない人もいます。

その為、「辞めるなら直接言えばいいのに」と言う価値観は合いません

POINT
内心では、思っていても伝える事が苦手な人は多くいます。
全員が全員伝えれると思わない方がいいです。

考えがネガティブになっており、自分で行動が起こせない人

要は、自暴自棄になってしまっており、正確な判断をする事が難しくなっているパターンです。

これは、日頃のストレスにより限界値を迎えてしまい体が本能的に拒否しているからです。

POINT
ストレス耐性も人により異なります。自分は大丈夫だからとう理由は通りません。

退職代行を利用する人はクズなのか?

退職代行を利用する人はクズなのか

では、本題の「退職代行を利用する人はクズ」なのかを確認していきましょう。

筆者は「クズでは無い」と断言します。

理由はいくつかあります。

  • 需要と供給が成立している。
  • 法律的にも問題はない。
  • 使わないといけない職場での労働は身を削る事になる。

需要と供給が成立している。

まず、基本として「需要と供給」が成立しています。

何か物事を起こす場合は、対価を支払う事によって成立します。

これは、物事全てに当てはまります。

あなたは「自分ができない事を対価を支払って契約」してませんか?

身近な事だと、家政婦を雇ったり、病院の医師に病気を治して貰ったり

スーパーで食材を買ったりと利用できるサービスを使ってますよね?

サービスがあるから利用する事に関しては同じです。

MEMO
自分でできない事を他人に代わってもらう事が問題であれば世の中全てが回らなくなります。

法律的にも問題はない

退職代行を正しく利用する事によって法的に問題ない事は、知っているかと思います。

ですが、「モラルがあるだろ!」と思う方もいるでしょう。

モラルは時代の流れによって変わっていきます

現代では、「スーツ」を着用しないカジュアルな服装で仕事をする人もいます。

ひと昔前では、会社員=スーツ着用でしたでしょうが、時代は変わってきてます。

最近では、会社に出勤しなくも仕事ができるようになってきてます

POINT
モラル=自分の価値観と言う事に気づきましょう。

使わないといけない職場での労働は身を削る事になる。

そもそも退職代行サービスは最終的に行きつく答えとなります。

そこまでの考えにたどり着く前に、色々考えています

その人の考え行きついた最終手段が退職代行だっただけです。

そういったサービスを利用しないといけない状況を生んだのは会社の環境です。

POINT
他人を責める前に、自分の至らない点を見てみましょう。

退職代行を利用しないデメリット

退職代行を利用しないデメリット

では、退職代行を利用しなかった場合にどんな事が起こるのでしょうか?

  • ストレスの限界を向かえ働けない状況になる
  • 自暴自棄になり、仕事をバックレてしまう

では、確認していきましょう!!

ストレスの限界を向かえ働けない状況になる

退職代行と言う最終手段がない精神的状態で仕事をしていると、ストレス値が限界を向かえてしまいます。

ストレスが限界に達してしまうと、大変な健康被害に合ってしまいます。

酷い場合は、一生治らない病気になってしまう場合があります。

POINT
自分が病気になっても会社は守ってくれません。
自分の体は自分で守りましょう。

自暴自棄になり、仕事をバックレてしまう

会社に行くことが憂鬱になってしまい、無断欠勤から仕事をバックレてしまう可能性が高くなります。

仕事のバックレは内容により損害賠償になってしまう事がありますので、

仕事のバックレだけはしないようにしましょう。

POINT
内容によっては、損害賠償問題になる事もある

退職代行を利用するメリット

退職代行を利用するメリット

続いては退職代行を使うメリットを紹介します。

  • 精神的負担が解放される
  • 伝えずらい事も全て伝えてくれる
  • トラブルなく辞める事ができる

確認していきましょう!

精神的負担が解放される

仕事から解放される事が一番のメリットだと思います。

精神的に余裕ができる事で、今まで見れていなかった視野も広がるでしょう。

新たな事に挑戦する事も、新たな人脈を築く事も可能です。

POINT
余裕ができれば今まで見えていなかった事が見えるようになり、自分のスキルUPにも繋がります。

伝えずらい事も全て伝えてくれる

退職の事を伝えるのは勿論ですが、有給や残業代、未払い金なども全て対応してくれます。

会社に対しての不満も全て伝えてくれる為、直接では言えなかった事も遠慮せずに伝える事ができます。

POINT
有給・残業・給与全て対応してくれる。

トラブルなく辞める事ができる

退職代行を利用した後から、自分は会社へ連絡しなくてもよい状態にしてくれます。

その日から会社を休み、出勤せず退職する事も可能です。

引継ぎがある場合も退職代行業者が変わりに伝えてくれたり資料を渡してくれたりするため、トラブルなく辞める事が可能です。

POINT
トラブルなく辞める事ができるので引き止めなども合わずスムーズに退職する事が可能

おすすめの退職代行業者:退職代行SARABA

おすすめの退職代行業者:退職代行SARABA
料金一律27,000円(追加料金なし)
実績退職希望者 100%
サービス全額返金保証、有給消化サポート、残業代などの金銭請求
対応時間24時間365日(LINE / メール / 電話)
利用者6000人以上

退職代行の中でもかなりサービスが充実しています。

特に目に付くのは、残業や有給消化のサポートです。
労働組合が運営しているのでお金の面のサポートができます。

労働組合ではないと「お金関連」は「違法」になってしまう為
この金額で対応してくれる、退職代行SARABAはおすすめです。

会社に対するお金の請求は、一般的に労働組合や弁護士のみ交渉できます。
退職後のトラブルで多いのは支払いがされない事です。

まとめ:退職代行は会社を辞める精いっぱいの誠意

まとめ:退職代行は会社を辞める精いっぱいの誠意

まとめに入りますが、

筆者としては、退職代行を利用する事は「賛成」です。

退職代行を使わずに、バックレられる方が会社としても対応に困ります。

そしてバックレを行ってしまうと法律的に弱者になってしまうのは労働者の方です。

人には、個性があります

退職を切り出せない事も個性の一つです。

「空気を読む事に長けてたり」「人の感情に敏感」だったりとあなたの良さは別の所で絶対に活かされます。

限界を向かえる前に「退職代行」を利用して会社を辞めて未来を見ていきましょう!